キャッシング&ローン用語集

カレンダー

<2015年01月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

検索


販売信用(はんばいしんよう)
(sales finance)

消費者信用のうち、販売に伴って発生する信用システムを販売信用といいます。商品の売買が介入する金融であることから間接金融ともいいます。具体的には個別割賦購入斡旋、クレジットカードなどを指します。販売信用に対し、消費者金融またはキャッシュローンは、「金銭の貸付」を指します。

対照 → 消費者金融キャッシュローン

投稿者: 管理者

date: 09/07/10 -10:47

ページトップへ

バルクデータ
(bulk date)

無効カード番号、カード決済データなどをバッチ処理で一括送信する際のデータをバルクデータと言います。

投稿者: 管理者

date: 09/06/03 -17:54

ページトップへ

パスワードスニッファー
(passwordsniffer)

パスワード窃盗のことをパスワードスニッファーと言います。インターネットで本人確認するためのパスワードを抜き取る犯罪です。クレジットカード番号も同様。インターネットのセキュリティが重要になります。

投稿者: 管理者

date: 09/03/15 -21:27

ページトップへ

バウチャーシステム
(voucher system)

海外旅行などで普及している決済システムで、事前にホテル宿泊費、航空券などのクーポン券を購入する制度をバウチャーシステムと言います。紛失、盗難にあっても再発行できるため安全な決済方法といわれています。バウチャーは引換券、クーポンなどの意味です。

投稿者: 管理者

date: 09/03/06 -16:07

ページトップへ

バンクカード
(bankcard)

銀行が発行するカードの総称をバンクカードと言います。クレジットカードやデビットカードなどです。米国ではビザやマスターカードが発行するカードに相当します。日本では銀行本体が直接発行するクレジットカード(地銀バンクカード)のことを指す場合と、より広範囲に銀行系カードのことを指す場合とがあります。

投稿者: 管理者

date: 09/03/02 -11:22

ページトップへ

販売促進(はんばいそくしん)
(sales promotion)

一般的にセールスプロモーション等の事を販売促進と言います。
マーケティングの4大要素のひとつです。商品、価格、場所、そして販売促進です。カードのマーケティングを効率的に行うためにはデータベースを活用した販売促進が欠かせないようです。

投稿者: 管理者

date: 09/01/15 -14:18

ページトップへ

販売金融(はんばいきんゆう)
(Sales finance)

資金需要者が金融機関を通して購入及びローンを組み込むことを販売金融と言います。
間に入るとゆう意味で、間接金融とゆう意味合いでも使われます。

対照 → キャッシュローン直接金融

投稿者: 管理者

date: 08/12/25 -09:41

ページトップへ

汎用カード(はんようかーど)
(all purpose card,multipurpose card)

加盟店の範囲、種類が限定されておらず、幅広い用途のあるクレジットカードの事を汎用カードと言います。

対照  → ハウスカードモノパーパスカード

投稿者: 管理者

date: 08/11/05 -10:12

ページトップへ

バランストランスファー
(balance transfer)

残高移行の事をバランストランスファーと言います。
他社のローン残高やリボルビング残高を一旦返済させ、新たな融資を行うことです。まとめローン(コンセリデーションローン)のための残高処理方法です。

参照 → コンソリデーションローン

投稿者: 管理者

date: 08/09/12 -17:54

ページトップへ

バンクPOS
(bank-POS)

日本におけるデビットカードシステムのことをバンクPOSと呼びます。

銀行のキャッシュカードとクレジットカード機能を合体させたもので、キャッシュカードを提示して買い物をすると、その時点で預金口座から買い物代金が引き落とし決済されるシステムをいいます。小売店の店頭に置くPOS(ポイント・オブ・セール=販売時点情報管理システム)と銀行のコンピュータをオンラインで結ぶことによってキャッシュレスの決済システムが稼働する仕組みです。わが国では郵便貯金と一部銀行が提携して推進。平成11年1月から、大手スーパーやコンビニエンスストアで導入が始まり、普及が期待されます。

参照 → デビットカード

投稿者: 管理者

date: 08/07/03 -09:39

ページトップへ

ハウスカード
(house card)

該当企業、またはそのグループ内だけで通用するクレジットカードの事をハウスカードと呼びます。

百貨店やスーパーなどが発行しているカードは、大半がハウスカードです。ハウスカードにビザやマスターのロゴが入る「汎用ハウスカード」が登場してきたため「自社のみで使えるカード」のことを特に「イン・ハウスカード」(in-house card)」ということもあります。

投稿者: 管理者

date: 08/04/18 -09:54

ページトップへ

ハイヤーパーチェス
(hirepurchase)

英国の買収選択権付賃貸借の事をハイヤーパーチェスと呼びます。

物品を賃貸借の形で引渡し、借主が所定の回数、定期的な支払を行った後に、買収選択権(option)を行使すれば所有権が移転する形式の取引のこと、一種の消費者信用取引だが、借主は所定の回数支払いをするまで所有権を取得しない点で条件付売買または割賦販売(installment sale)と違います。1974年制定のConsumer Credit Act(消費者信用法)などにより、条件開示などの規制を受けました。

投稿者: 管理者

date: 08/04/17 -09:51

ページトップへ

パーティシパントメンバー
(participant member)

プリンシパルメンバーに保証されたビザのメンバーの事をパーティシパントメンバーと呼びます。
プリンシンパルメンバーの指導下でカード会員を獲得したり加盟店を開拓します。

参照 → プリンシパルメンバー

投稿者: 管理者

date: 08/03/23 -14:42

ページトップへ

バーチャルモール
(virtual mall)

参照 → サイバーモール

投稿者: 管理者

date: 08/03/18 -14:38

ページトップへ

ハードウェア
(hdrdware)

コンピューターシステムにおける機器・設備などの総称の事をハードウェアと呼びます。

対照 → ソフトウェア

投稿者: 管理者

date: 08/03/17 -14:47

ページトップへ

バイオメトリクス
(biometrics)

人体の一部を認証に使って本人を特定する手法、生態識別法の事をバイオメトリクスと呼びます。

従来個人を認証するためには印鑑、サイン、鍵、パスワードなどの本人を特定する「もの(代用品)」が使われてきたが精度に難がありました。DNA、網膜、虹彩、顔、声、指紋などその本人固有の「身体」の部位で本人照合する手法が、バイオメトリクスと呼ばれています。図形認識、網膜スキャンや音声認識などの技術でバイオメトリックスを実施します。

投稿者: 管理者

date: 08/03/16 -14:49

ページトップへ

バイダウン
(buy down)

不動産物件などの売り主側による、ローン金利の部分的肩代わり、金利ディスカウントの事をバイダウンと呼びます。

不動産不況時においては販売業者が、例えば8%の不動産(住宅)ローンのうち1%分を負担して、販売促進策とすることがあります。この場合の部分的金利負担をバイ・ダウンと呼びます。

投稿者: 管理者

date: 08/03/15 -15:36

ページトップへ

破産債権(はさんさいけん)
(claim in bankruptcy)

破産宣告を受けた当事者に対し持っている破産宣告前の原因に基づく財産上の請求権(破産法15条)の事を破産債権と呼びます。

破産手続きによらなければ行使することができず、破産手続きにおいて届け出て確定すると、破産財団から平等弁済(配当)を受け得ります。

投稿者: 管理者

date: 08/02/04 -18:29

ページトップへ

破産管財人(はさんかんざいにん)
(bankruptcy amdinistrator,trustee in bankruptcy,receiver,assingee,syndic)

破産財団の財産を管理・換価し、債権者への破産財団の配当(配分)を行う者の事を破産管財人と呼びます。
裁判所によって選任されます。

投稿者: 管理者

date: 08/02/03 -18:22

ページトップへ

破産(はさん)
(bankruptcy)

債務者が経済的に破綻し、総債権者に対し債務を完済することができない状態に陥ること、またその状態に陥った場合に債務者の全財産を管理、換価して総債権者に公平な弁済を得させるための裁判所の手続きの事を破産と呼びます。

投稿者: 管理者

date: 08/02/02 -18:19

ページトップへ

パーセンテージリース
(percentage lease)

自動販売機などのリース物件に多く見られる契約形態で、売上げに比例して一定歩合をリース料金として支払う形のリース契約の事をパーセンテージリースと呼びます。

参照 → リース

投稿者: 管理者

date: 08/02/01 -11:47

ページトップへ

バーチャルリアリティ
(virtual reality)

仮想現実の事をバーチャルリアリティと呼びます。
コンピューターで現実に近い三次元の仮想空間を創出する技術です。

投稿者: 管理者

date: 08/01/07 -10:36

ページトップへ

バーチャル
(virtual)

仮想の事をバーチャルと呼びます。
最近よくお耳にされる言葉だと思います。色々なところ・意味で使われています。

投稿者: 管理者

date: 07/10/17 -11:27

ページトップへ

バンクネット
(BANK NET)

マスターカードインターナショナルが構築・運用する国際オンラインネットワークシステムの事をバンクネットと呼びます。

オーソリゼーション業務、決済業務を処理するオンラインシステムです。

対照 クリック! → VISAネット

投稿者: 管理者

date: 07/09/30 -23:24

ページトップへ

バーコード
(bar code)

バー(棒)記号で、情報を表示したものをバーコードと呼びます。

食品メーカーや流通業界では、メーカー名、商品名などをバーコードで商品に表示しています。
皆様もお買い物に行くと必ず目にするものだと思います。現在は、スーパーのレジもほとんど手入力からバーコード入力に変わっています。

投稿者: 管理者

date: 07/08/22 -10:39

ページトップへ

パーシャルペイメント
(partial payment)

部分返済の事で、約定返済額に満たない金額を返済する事をパーシャルペイイントと呼びます。

企業によって定義は様々ですが、約定返済額のうちとくに、利息返済部分に満たない金額を返済することを「パーシャルペイメント」として、口座管理及び入金処理を行う企業が多いです。外資系消費者金融会社の信用管理概念です。パーシャルペイメントの口座も厳密には延滞口座に含まれます。

参照→不良債権

投稿者: 管理者

date: 07/06/26 -09:05

ページトップへ

パーチェシングカード
(purchasing card)

購買カードをパーチェシングカードと呼びます。
コマーシャルカードの一種です。比較的少額の
企業間取引に使われるカードになります。
主に事務用品の購買などに利用されています。

投稿者: 管理者

date: 07/03/23 -23:55

ページトップへ

白紙委任状(はくしいにんじょう)
(carte blanche)

委任すべき事項を空白にした委任状を白紙委任状と
呼びます。

投稿者: 管理者

date: 06/12/13 -23:02

ページトップへ

配達証明郵便(はいたつしょうめいゆうびん)
(delivery certified mail)

郵便局が、当該郵便物を宛て先へ配達した
ことを証明する郵便を配達証明郵便と呼びます。
内容証明郵便の類似語になります。

投稿者: 管理者

date: 06/12/05 -01:15

ページトップへ