キャッシング&ローン用語集

カレンダー

<2015年01月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

検索


クリアリングカウント
(clearing account)

ビザやマスターカードなどのメンバー間の決済を行う銀行口座をクリアリングカウントと言います。

投稿者: 管理者

date: 09/06/25 -09:45

ページトップへ

クレジットライン
(line of credit,credit limit)

カード会社がカード会員に対し許可したクレジットカードの利用限度額をクレジットラインと言います。あるいは口座に持つことができる最大の残高。貸出限度額ともいいます。

同意語 → 与信限度(額)

投稿者: 管理者

date: 09/03/09 -10:04

ページトップへ

繰上償還(くりあげしょうかん)
(advanced redemption,early pay off)

債務を満期到来以前に、返済することを繰上償還と言います。
公社債発行の際に、繰上償還が行われることがあります。

参照 → 早期返済

投稿者: 管理者

date: 09/02/04 -10:15

ページトップへ

クラシックカード
(classic card)

基本的な機能だけを持つクレジットカードをクラシックカードと言います。通常新規入会の顧客に対して発行され、スタンダードカードとも呼ばれるます。

対照 → ゴールドカードプラチナカード

投稿者: 管理者

date: 08/12/15 -10:11

ページトップへ

クローズドシステム
(ciosed system)

カード発行と加盟店業務を一つの機関が行っている支払カードシステムの事をクローズドシステムと言います。
スポーツスタジアムや学園内だけで利用でき汎用性のないカードや電子マネー取引もクローズドシステムです。

投稿者: 管理者

date: 08/10/19 -10:22

ページトップへ

グッドフェイス
(good faith)

マスタカードのメンバー間では、紛争が生じた時に、相手側がルール違反をしている時には、提訴の手続きによって決着をつける場合もあるが、手紙などにより、相手メンバーに対し、売上代金回収の依頼を行うことで解決するケースも少なくなく、こうした処理方法をグッドフェイス(誠意処理)と呼びます。

投稿者: 管理者

date: 08/07/14 -09:15

ページトップへ

クレジットクランチ
(credit crunch)

金融、消費者信用の極端な逼迫の事をクレジットランチと呼びます。

1970年代後半のカーター政権の際に、景気過熱対策として、消費者信用の利用制限政策を打ち出したときに、「クレジットクランチ」と呼ばれました。このクレジットクランチの際に、カード会社の中止、年会費、発行手数料の徴収などに動いた銀行、石油会社、百貨店など少なくなかったです。

投稿者: 管理者

date: 08/03/07 -09:17

ページトップへ

クレジットカードの機能(くれじっとのきのう)
(function of credit card)

クレジットカードの本質的機能は「後払い」機能だが、今日ではさらに複合的な機能がついています。
その主なものは次の通りです。

①キャッシュレスの決済手段、②自動集金(決済)機能、③金融(キャッシングローンサービス)機能、ID(身分証明)機能、リスクヘッジ(カード保険による)機能、⑥国際為替機能、⑦記録機能、⑧会員制機能⑨情報機能、⑩安心機能(事前のクレジットライン確保によるもの)、⑪システム対応機能(CD、ATM、ホームバンキングなどに対応)ーなどが挙げられます。

投稿者: 管理者

date: 08/03/06 -18:11

ページトップへ

クレジットカード
(credit card)

個人の信用(クレジット)で買い物のできる後払いカードの事をクレジットカードと呼びます。

米国がクレジットカードの発祥地です。元は、1900年代前半に石油会社が発行したオイルカード(ガソリンスタンド用)が始まりです。1950年代以降米国で急速に発展、普及しました。クレジットカードは、機能、使用範囲、発行業界、返済方法などによって様々な角度から分類されます。使用範囲による分類としては、マルチパーパスカード(多目的カード=汎用カード)とモノパーパスカード(単品購入カード)に分けられます。ビザ、マスターなどは汎用カードです。これに対し、石油会社の発行するガソリンスタンド専用のカードはモノバーパスカードです。使用目的や加盟店の種類で分ける分類の一つに、ショッピングカード(買い物カード)とT&Eカード(トラベル&エンタテイメントカード)があります。ビザカードやマスターカードおよび、百貨店やスーパーが発行するカードは一般にショッピングカードと呼ばれています。これに対し、アメリカン・エキスプレス、ダイナースクラブ、カルテブランシェなどのカードはT&Eカードです。このほか、わが国では「一回払いカード」「割賦カード」「リボルビングカード」「ハウスカード」(自社または自社グループ内の店舗でのみ使えるカード)」銀行系カード、信販系カード、流通系(小売り)カードなどに分類されることもあります。汎用クレジットカードの仕組みは、①申し込み者にカードを発行し、クレジットカード会員にする、②小売店をクレジットカード加盟店にする、③会員は、加盟店でカードを呈示してサインすると後払いで買い物ができる、④カード会社は小売店に対し、一定の加盟店手数料を差し引いて、買い物金額を立替え払いする、⑤カード会社は会員から一回払いまたは分割で買い物代金を徴収するーというものです。かつては「現金」と同じ機能を持つプラスチック板だったことから「プラスチックマネー」とも呼ばれました。なお、米国人でも時々クレジットカードとチャージカード(chargecard)を混同して表現するが狭義にはクレジットカードとは、リボルビングシステムなどの分割払いのできるカードのことをいい、チャージカードとは、マンスリークリア(翌月一括払い)のように順次全額を支払うpay-as-you-go形のカードを指します。


投稿者: 管理者

date: 08/03/05 -17:54

ページトップへ

グレーゾーン
(gray zone)

民事上の定められている「利息制限法」は、貸出上限金利が15%~20%(契約金額によって異なる)となっています。これに対して「出資法」の上限金利は29.2%となっています。この間の金利帯20%~29.2%の範囲の事をグレーゾーンと呼びます。

投稿者: 管理者

date: 07/11/29 -10:44

ページトップへ

クロスセリング
(cross selling)

関連商品の販売の事をクロスセリングと呼びます。

帽子を買った人にネッカチーフ、ベルトを買った人に財布、というようにもう一品すすめて客単価を上げます。データマイニングなどのデータ分析によって商品の相関関係が見えるようになってきたが、相関の度合いが強いものをクロスセリングすると関連商品が売れる確率が高いのです。店頭販売ではクロスセリングしやすいように商品をコーディネイト陳列します。コールセンターでは受注や問い合わせにデータベースを活用したクロスセリングをおこない効果を上げています。データウェアハウスで顧客情報を確認しながら応対できるようになると、顧客ニーズに即した関連商品をすすめやすくなります。購買パターンを予測して商品を提案すると高い成約率を得ることができます。銀行でも残高、預金の種類、クレジットカード利用など顧客情報を確認しながら応対すると顧客に応じた金融商品の販売やサービス提案ができます。データウェアハウスとCTI(Computer Tele-phony Integration)の組み合わせを、積極的に活用したマーケティング手法といえます。

投稿者: 管理者

date: 07/10/06 -21:28

ページトップへ

グレースピアリオッド
(grace period)

利用明細書の発行日と支払期日との間の期間で、もしも残高がすべて支払われた場合、この期間は金利がつかない事をグレースピアリオッドと呼びます。

投稿者: 管理者

date: 07/10/03 -11:02

ページトップへ

偶発債務(ぐうはつさいむ)
(contingent liabilities)

現実に発生しない債務で将来発生のある債務の事を偶発債務と呼びます。

他人の債務を保証した場合の保証履行義務、引渡済の請負作業または売渡済の商品に対する各種の保証、係争事件にかかる賠償義務、先物売買契約、受注契約等があります。偶発債務はその支払義務が確立していないため、債務として計上しないのが普通ですが、第三者が財務上の健全性を判断する場合に重要な参考となりますので、財務諸表規則ではこれを貸借対照表に注記しなければならないとしています。
参照 → 保証債権

投稿者: 管理者

date: 07/09/25 -09:53

ページトップへ

クライアントサーバ
(client/server)

サーバにデータベースを格納し、利用者のコンピュータ(クライアント)からの要求によって必要なデータをクライアントに送出する仕組みの事をクライアントサーバと呼びます。

データベースサーバとパソコンで構築するコンピュータネットワークとして理解されることが多いです。クラサバ、C/S、CSSなどと略称されています。顧客(クライアント)の視点から業務を見直すBPR(Busi-ness Process Reengineering)の思想とオンデマンド型の消費市場の拡がりを反映したモデルです。サーバはサービス提供者であり、顧客の要求に応えてサービスをaaa提供します。インターネットを介して、サーバにアクセスして必要な情報やサービスを受け取るイントラネットやネットワークコンピューティングもクライアントサーバの一形態クライアントサーバはイーサネットによるLAN環境の低廉化に伴い、90年代から企業のダウンサイジングに対応するモデルとして導入が活発化しました。

クラサバ(client/server)

参照→クライアントサーバ

投稿者: 管理者

date: 07/07/27 -10:04

ページトップへ

クーポン
(coupon)

各種回数券、切り札、予約通し切符などのことを
クーポンと呼びます。信販業界では、昭和20年代
から30年代中頃にかけて、掛け売りの手段として
クーポン券(またはチケット)制度を採用していました。
これが後に、クレジットカードにとって代わって今日に
到っています。商品の割引制度の一手段として
クーポン(割引券)を発行することもいいます。

投稿者: 管理者

date: 07/05/12 -20:58

ページトップへ

クレジットシステム
(credit system)

消費者が有する「信用」を最大の担保として、
信用供与を行う制度、仕組みをクレジットシステムと
呼びます。
大別すると販売信用(間接金融)と
消費者金融(直接金融)に分類されます。

投稿者: 管理者

date: 07/02/16 -19:43

ページトップへ

クレジット
(credit)

「信用」を意味する言葉です。
簿記では「貸方」(貸借対照表の右側)を意味
します。「債権」「信用貸し」「融資」「名声」などを
意味することもあります。

投稿者: 管理者

date: 06/12/21 -00:18

ページトップへ

クイックローン
(quick loan)

申込みから融資実行まで、短時間で事務手続き
を行うタイプのローンをクイックローンと呼びます。
そして、「クイックロン」、「スピードローン」等の商品名を
つけることがあります。
スピードローンの類似語になります。

投稿者: 管理者

date: 06/12/04 -23:20

ページトップへ