キャッシング&ローン用語集

カレンダー

<2015年01月>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

検索


VISAネット
(Visa net)

ビザが構築・運用する国際オンラインネットワークシステムの事をVISAネット(と呼びます。

オーソリゼーション業務、決済業務を処理するオンラインシステムです。オーソリ専門のBASE I(ベース・ワン)システム、決算専用のBASE Ⅱ(ベース・ツー)システムから成っています。

対照 クリック! → バンクネット

投稿者: 管理者

date: 07/09/30 -23:28

ページトップへ

バンクネット
(BANK NET)

マスターカードインターナショナルが構築・運用する国際オンラインネットワークシステムの事をバンクネットと呼びます。

オーソリゼーション業務、決済業務を処理するオンラインシステムです。

対照 クリック! → VISAネット

投稿者: 管理者

date: 07/09/30 -23:24

ページトップへ

サードパーティプセッサー
(third party processor)

一般に取引の当事者以外の者で、取引の事務処理を引受ける者(会社、機関など)をサードパーティプセッサーと呼びます。

また、VISAネットやバンクネットに接続し、オーソリゼーション、決済、エンボッシング、利用明細書作成などの処理サービスをメンバーに提供する協会メンバー以外の機関です。

参照 クリック! → VISAネット バンクネット

投稿者: 管理者

date: 07/09/30 -23:17

ページトップへ

コアコンピテンス
(core competence)

企業が自社と他社を差別化できる中枢的な競争能力をコアコンピテンスと呼びます。

コアコンピテンスを情報技術でいかに向上するか。この手段としてキーワードとなってきたのが、アジリティ(agility)、リレーションシップ、オリジナリティです。競争に勝ち残る永遠の挑戦課題です。速い意思決定、速いタイムツーマーケット、クイック・レスポンス、コンカレント・エンジニアリングなど経営活動の全体的なすピードアップは、顧客満足度とコストダウン両面で重要なテーマです。顧客の潜在購買力を高めるにはリレーションシップの向上が鍵です。オリジナリティは企業のインテリジェンスであるデータベースの活用によって実現されます。データウェアハウス、CTI、エレクトロニクコマース、ERPは、コアコンピテンスを向上するためのツールであり、その活用の良否が企業競争力を決定します。

投稿者: 管理者

date: 07/09/28 -09:47

ページトップへ

EMV

EMV
(Europay,Visa,Mastercard)

金融業務向けスマートカードのグローバルスタンダード(国際標準)の事をEMVと呼びます。

1994年ユーロペイ(Europay),マスターカード(MasterCard),ビザ(Visa)の大手カードブランドは国際的に通用する金融業務向けスマートカードの共通仕様開発に合意しました。その共通仕様を3社の頭文字をとってEMV仕様と名付けました。EMV仕様はISO標準7816に準拠し、特に金融業務に特化した内容になっています。最も重要なポイントはセキュリティ確保しています。カード偽造や不正使用の防止、カードリーダーとの通信手順での安全性、暗号化などきめ細かく検討が加えられています。ISOのような拘束力はないが、業界が自ら協調して策定した標準として意義あるものだといえます。

投稿者: 管理者

date: 07/09/27 -10:06

ページトップへ

ISO

ISO
(International Standardization Organization)

国際標準化機構(中央事務局スイス・ジュネーブ)の事をISOと呼びます。工業製品、単位、用語、技術について国際的に規格化、標準化を進めるための組織の事です。

1974年設立。わが国は日本標準調査会(JISC)が加盟しています。スマートカードの規格はISO標準7816で、カードの大きさやカードの厚さといった物理特性、ICチップの位置とサイズ、そして電気的信号と通信手順などが決められています。金融向けスマートカードの国際標準EMV仕様はISO標準7816に準拠し、特にクレジットカード、キャッシングカードという金融カードに特化した内容になっています。

参照 → EMV

日本でよく見かけるISO
ISO9000:品質マネジメントシステム、品質保証をはじめとする顧客満足の維持管理について。
ISO14000:環境マネジメントシステム、環境への排出や資源削減などの環境負荷管理について。

投稿者: 管理者

date: 07/09/27 -09:26

ページトップへ

約定返済(やくていへんさい)
(scheduled payment)

「毎月いくら返済する」というように、契約時点において取り決めてある返済予定のことを約定返済と呼びます。

投稿者: 管理者

date: 07/09/26 -10:07

ページトップへ

計画返済(けいかくへんさい)
(regularly scheduled payment)

参照 クリック → 約定返済

投稿者: 管理者

date: 07/09/26 -10:04

ページトップへ

保証債務(ほしょうさいむ)
(suretyship obligation)

保証人が保証契約に基づいて負担する債務の事を保証債務と呼びます。
主たる債務者の債務を、別の者が保証した時に、この保証人の債務を「保証債務」といいます。

「主債務者Aが債務を履行しない場合に、保証人CがAの代わりに債務を履行するという保証人Cの債務」である(民法446条)。従って保証人Cは、主債務者Aが借金を返済しない場合にのみ借金返済の義務を負うことになります。

投稿者: 管理者

date: 07/09/25 -10:21

ページトップへ

偶発債務(ぐうはつさいむ)
(contingent liabilities)

現実に発生しない債務で将来発生のある債務の事を偶発債務と呼びます。

他人の債務を保証した場合の保証履行義務、引渡済の請負作業または売渡済の商品に対する各種の保証、係争事件にかかる賠償義務、先物売買契約、受注契約等があります。偶発債務はその支払義務が確立していないため、債務として計上しないのが普通ですが、第三者が財務上の健全性を判断する場合に重要な参考となりますので、財務諸表規則ではこれを貸借対照表に注記しなければならないとしています。
参照 → 保証債権

投稿者: 管理者

date: 07/09/25 -09:53

ページトップへ

カードアクティべーション
(card activation)

新規発行カードや再発行したカードを郵送中に抜き取って不正に使用することを防ぐために開発されたセキュリティプロセスの事をカードアクティべーションと呼びます。

受け手はATMやPOS端末、あるいはカード発行会社に電話をかけ、本人確認のプロセスを経てカード利用できるようになります。

投稿者: 管理者

date: 07/09/21 -09:32

ページトップへ

OECD
(Organization for Economic Cooperation and Development)

経済協力開発機構の事をOECDと呼びます。

OECDでは個人のプライバシー保護と個人データの流通に関するガイドラインをまとめ、加盟各国にこのガイドラインに沿った法整備の推進を呼びかけています。米国をはじめ主要先進国ではすでに法整備が進んでいます。しかし、日本行政機関の個人情報保護に関する法律は施行されているが、個人信用情報センターなど民間機関に関してはいまだ手つかずで、プライバシー保護の後進国と呼ばれても仕方ない状態です。

投稿者: 管理者

date: 07/09/20 -10:16

ページトップへ

エアラインカード
(airline credit card)

航空会社が発行するクレジットカードの事をエアラインカードと呼びます。

日本では日本航空のJALカード、全日空のANAカードなどがこれに該当します。銀行系信販系カード会社との提携カードも多くあります。

投稿者: 管理者

date: 07/09/19 -10:00

ページトップへ

求償権(きゅうしょうけん)
(recourse,right of indemnity,right of demanding compensation)

他人のために弁済した者が、その他人に対して与えた利益の還元または弁済を請求する権利の事を求償権と呼びます。

具体的には、A氏がB氏の保証人であるとして、A氏がB氏に代わって債務の一部または全額を弁済した場合、A氏はB氏に対して求償権を持ちます。

投稿者: 管理者

date: 07/09/18 -10:01

ページトップへ

ウィズリコース
(with recourse)

求償権付きの事をウィズリコースと呼びます。

参照 → 求償権 ← クリック!!
対照 → ノン・リコース

投稿者: 管理者

date: 07/09/18 -09:45

ページトップへ

アービトレーション
(arbitration)

仲裁、調停の意の事をアービトレーションと呼びます。

チャージバックに関しビザやマスターカードなどの協会が、カード発行会社と加盟店契約会社の間に立ってどちらが金銭責任を持つかを決定することです。

投稿者: 管理者

date: 07/09/13 -10:06

ページトップへ

ロイヤルティプログラム
(loyalty program)

顧客のロイヤルティを上げるための仕組みの事をロイヤルティプログラムと呼びます。

顧客とのリレーションの強化によってリピート率を高めたり、客単価を上げます。ロイヤリティプログラムは顧客特典とプロモーションに、その成否がかかっています。特典には入会特典、利用特典、来店特典、経年特典などがあり、利用実績に応じてポイントをつけたり、割引やキャッシュバック(現金払い戻し)を行います。代表的なのが航空会社のマイレージプログラムです。飛行距離に応じてポイントが加算され、獲得ポイントに応じて座席のアップグレードや割引、ときには無料航空券がもらえます。ポイントプログラムとも呼ばれています。


投稿者: 管理者

date: 07/09/12 -09:27

ページトップへ

レギュレーションB
(regulation B)

Equal Credit Opportunity Act(信用機会均等法)に関する規制の事をレギュレーションBと呼びます。

投稿者: 管理者

date: 07/09/11 -10:49

ページトップへ

リースアップ
(lease up)

リース期間満了することをリースアップと呼びます。

身近なところでは、車やパソコン・コピー機などのリースアップを耳にされるかと思います。他には、特定の大型の機械などのリースアップもありますね。

投稿者: 管理者

date: 07/09/10 -10:13

ページトップへ

ライフサイクル
(lifecycle)

誕生して成長し、成熟を経て衰退するという一連の循環の事をライフサイクルと呼びます。誕生期、成長期、成熟期、衰退期の各段階をライフステージといいます。

データベースマーケティングでは顧客セグメンテーションの一つとして使われています。顧客のニーズはライフサイクルによって変化します。それに合わせて商品やサービスを提供すれば効果的だという考えからライフサイクル・セグメンテーションが生まれました。赤ちゃんが生まれれば初節句の品々、入学に合わせて学習塾や通信教育、結婚前には結婚式場や新婚旅行をすすめます。年齢や住所変更データによってライフサイクルのニーズを類推します。商品のライフサイクルでは各ライフステージに合わせたマーケティングが要求されるます。商品の誕生期では商品のメリット訴求と知名度の浸透。成長期には機能を付加し、成熟期にはバリエーション展開などで徹底的な差別化路線を取ります。衰退期には低価格対策を打ち出して競争するか撤退します。

同意語→ライフステージ

投稿者: 管理者

date: 07/09/07 -09:50

ページトップへ

要求払い預金口座(ようきゅうばらいよきんこうざ)
(demand deposit account)

当座預金のことを要求払い預金口座と呼びます。

投稿者: 管理者

date: 07/09/06 -10:18

ページトップへ

有価証券(ゆうかしょうけん)
(marketable securities,valuable papers,securities)

財産的権利を示す証書で、その証券の移転によりその権利を譲渡することができるものを有価証券と呼びます。

日本法においては、商法等と刑法において定義が若干異なります。支払証券(手形、小切手など)や投資証券(株券、公社債)などがあります。クレジットカードは有価証券には属しません。

投稿者: 管理者

date: 07/09/05 -11:45

ページトップへ

約定日(やくていび)
(due data)

支払期日の事を約定日と呼びます。

投稿者: 管理者

date: 07/09/04 -10:22

ページトップへ

申込書(もうしこみしょ)
(application)

ローンやクレジットの利用を申し込む用紙の事を申込書と呼びます。

「申込人」はapplicant、「申込書」はapplicationまたはletter of application formまたはsubscription blankです。

投稿者: 管理者

date: 07/09/03 -09:55

ページトップへ